古地図の旅 - 日本堤

たまたま、江戸の古地図を手に入れたので、
それを使って都内散策。
今日は、三ノ輪を出発点に「日本堤」を歩きます。

日本堤とは、・・・下図のとおりです(クリックして拡大)。

書かれてあるとおり、浄閑寺前の三叉路に出てみましたが、
面影ってあるのか?

浄閑寺をお参り。

浄閑寺の解説

こんなことを書かれると、気が滅入ってしまいますが、
事実なので受け止め、神妙にお参りです。
お寺自体は近代的です。

浄閑寺

気を取り直して、何か堤の痕跡がないか、キョロキョロしながら歩くも、
こんな看板だけ。

何も見つけられないまま、吉原大門交差点です。

交差点に見返り柳の解説看板を発見。

見返り柳の実物はこちら。
なんだ、江戸時代からのものではないんだ。

見返り柳

でも、・・・ということは、・・・大門は交差点の名前で、大門跡は別にあるのか?

ということで、探したらありましたが、これは史跡かどうかまったくわかりません。
違うんじゃないかな?

ここから先は、カメラを持ってウロウロするにはヤバそうな感じだったので、やめます。

吉原大門交差点付近から、山谷堀を埋め立てた公園を歩きます。

山谷堀公園の解説

江戸時代には、船に乗って、隅田川経由で山谷堀に入り、
船を降りて日本堤を歩いて吉原に行ったようです。
テレビドラマ「JIN」の設定が思い浮かびます。

現在の山谷堀公園はこんな感じ。
東側にスカイツリーが見えるところが平成を感じます。

山谷堀公園

隅田川との分岐だった今戸橋の跡に出ました。

すぐ脇は隅田川です。

今戸橋跡付近から隅田川を望む

ここで日本堤ツアーは終点です。

そういえば、浅草寺の御朱印をもらったことがないので、
お参りして、御朱印をいただきました。
御朱印所がすぐにはわからなかったのですが、
影向堂で受け付けてました。

浅草寺影向堂
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA